ss 車のプロテクションフィルムの施工方法|愛車を守る!プロテクションフィルム

プロテクションフィルムについての情報が満載

このサイトでは車を飛び石などによるダメージから守るための、プロテクションフィルムについての情報を紹介しています。
走行しているとどうしても避けられない傷の問題が付きまといますが、そのリスクを減らすために使用するものです。
専門家に依頼したりDIYで行うなど複数の方法がありますが、いずれも費用や施工方法など考えるべきポイントがいくつかあります。
なるべくきれいな状態を保ちたいと考えている人は、参考にしてみると良いでしょう。

車のプロテクションフィルムの施工方法

車のプロテクションフィルムの施工方法 プロテクションフィルムを張り付ける施工を行う場合は、まず車の型を取る必要があります。
そしてその方法は別の素材を型取りした後でプロテクションフィルムに反映させるものと、ある程度大まかにカットしたものを貼り付けた後で調整するといった内容があります。
その他にもスキャンをしてデータ化した後、機械で精密な裁断をすることも可能です。
大抵のプロテクションフィルムはシールのように標準で糊が付いているため、剥離部分を取り除いたら直接貼れるようになっています。
間に余計なものが入らないようにきれいに洗浄してから、部分ごとに貼り付けて完了です。
車にはデザインによって複雑なカーブが多用されている場合が少なくありませんが、それに対応するために熱を与えることもあります。

プロテクションフィルムの車の塗装面への影響はあるのか

プロテクションフィルムの車の塗装面への影響はあるのか 愛車はできるだけ良い状態を維持したいものです。
機能はもちろん、ボディの美しさを維持することも重視しましょう。
自動車を保護する商品にも色々な種類がありますが、最近特に人気となっているのがプロテクションフィルムです。
プロテクションフィルムはボディやヘッドライトに貼り付けることができる透明のフィルムです。
厚みのあるフィルムでしっかりと車を守ってくれますので、傷や紫外線による塗装面のダメージを防止するのにとても頼りになる存在です。
普段のお手入れも楽になるので、施工を考えている人も多いのではないでしょうか。
プロテクションフィルムは長期に維持できるのが魅力ですが、長期的になるとボディに何らかの影響が出ないか心配という人もあるのではないでしょうか。
フィルムは剥がすことができるので、元の状態に戻せるのもメリットです。
フィルムを剥がすときも塗装がはがれる心配はないとされています。
ボディの状態が良ければ問題なく施工できるといえますが、すでにかなりダメージがある場合や、修理などで再塗装をしている場合は塗料がはがれる可能性もありますので、注意が必要です。
気になる場合は、施工の前にボディの状態をよく確認してもらい、問題なく施工できるかどうかを確かめてもらうと良いでしょう。

もっとプロテクションフィルムを知りたい

プロテクションフィルム