s 高級車には必須アイテム|愛車を守る!プロテクションフィルム

高級車には必須アイテム

高級車には必須アイテム

高級車には必須アイテム 車を所有していると、走る度に跳ね上げた小石や砂、飛んでくる虫や排気ガスの含まれたタールなどが原因で、車体には細かな傷や汚れが増えてきてしまいます。このような傷や汚れは、防ぐことが難しく多くのドライバーを悩ませてきました。
しかし、そんな傷や汚れを防止するとして、今注目を集めているのがプロテクションフィルムで、紫外線に強く耐久性もあり、自己修復機能があるので傷を自然に治す効果があります。透明なフィルムで車体の汚れをガードし、貼っても目立たないことがこのフィルムの魅力です。耐久性や耐摩耗性にも優れていて、紫外線による劣化や黄ばみも少なく、レンズカバーの黄ばみにも強くできています。
絶対に傷を付けたくない高級車のオーナーにも人気があり、プロテクションフィルムを使用することで、いつまでも新車のような状態を保つことが可能です。新車を購入した際の、納車前に施工を行うことが最も理想的で、近年では高級車へのプロテクションフィルム施工は、必須と言えるところまで普及しています。

プロテクションフィルムの主流

プロテクションフィルムの主流 自動車の塗装を保護するカーコーティングは良く耳にしますが、プロテクションフィルムについて聞いたことがあるでしょうか。カーコーティングがコーティング剤を塗装面に塗り込んで保護するのに対し、プロテクションフィルムは塗装面に透明な保護フィルムを貼ることで保護します。最近のものは透明度が上がり、貼っていることがわからないようになっています。また、黄ばんでしまうことも少なくなり、長期間使用できるよう進化しています。
プロテクションフィルムの主流は、自己修復タイプと対候性タイプに大別できます。自己修復タイプは傷が入っても、その名の通り元の状態に修復する性質を持っています。このタイプには、高温で修復するものと常温で修復するものがあります。常温で修復するものは、何もしなくても元に戻るので手軽だと言えます。しかし、ウォータースポットができやすいという欠点があります。一方、対候性タイプはこの欠点を改善したものとなっていて、ウォータースポットができにくく、傷もつきにくいものとなっています。