s プロテクションフィルムで車のキズを回避|愛車を守る!プロテクションフィルム

プロテクションフィルムについての情報が満載

プロテクションフィルムで車のキズを回避

プロテクションフィルムで車のキズを回避 愛車を大切に乗る方は、ボディへのキズを回避するためにプロテクションフィルムの施工がおすすめできます。
透明度が高く、本来のボディ塗装よりも輝きが増すフイルムが販売されており、施工会社も存在しています。
ヒートガンを当てながら施工する方法で、曲面でも綺麗に貼ることができ、熱で伸びる性質から普通の自動車であれば綺麗な施工が可能です。
プロテクションフィルムは半永久的に使えるものではありません。
透明フイルムの場合は艶が無くなってきたり、はがれている部分が目立つようになると寿命が来ていると判断できるので、目安としては5年前後と考えることが一般的です。
その間はうっかりボディに物をぶつけてしまったり、走行中に飛来物などがあってもキズが付きにくい状態を常に保つことができるメリットを感じられます。
洗車機に何度入れてもボディには小傷が付かないことも魅力的です。
寿命が来てしまうと見栄えが悪くなるので、数年後に再度貼り直しをする方法で愛車の保有期間を全て保護すると同時に小傷から回避することができるのではないでしょうか。

車の塗装面の保護が可能なプロテクションフィルムの魅力

車の塗装面の保護が可能なプロテクションフィルムの魅力 プロテクションフィルムは、車に施工する事が出来る特殊なフィルムの一つです。
カーコーティングと類似していますが、プロテクションフィルムの場合は特殊なフィルムを車のボディーに張る事で、塗装面を保護出来ます。
施工も容易で費用も安価な事から人気を集めています。
プロテクションフィルムのメリットですが、フィルムに厚みがあり衝撃なども緩和されます。
飛び石などで車体に傷が付くことが多いですが、フィルムで防護出来れば傷付きも防ぐ事が可能です。
また、傷が付いたり劣化した場合には、新たに張替えも出来るメリットがあります。
古くなって傷が付いたフィルムは、張替える事で再び綺麗な状態に戻す事が出来るのです。
プロテクションフィルムには、紫外線をカットする効果もあります。
車を屋外に置いている事が多いため、紫外線の照射は避けられません。
紫外線を遮断する事で、塗装面の劣化の促進を防止出来るメリットがあります。
カーコーティングと並び人気を集めている施工です。