s 料金は車種によって違う?|愛車を守る!プロテクションフィルム

料金は車種によって違う?

料金は車種によって違う?

料金は車種によって違う? 小石による傷や雨風から守ってくれるプロテクションフィルムを貼る方法は2通りあります。
自分で買ってきて行うか、お店に頼んで貼ってもらうかです。
しかし素人には難しいので、お金がかかっても専門会社に依頼することをおすすめします。
プロテクションフィルムは全体に施行するだけではありません。
予算によってフロントのみ、傷つきやすいバンパーやミラーなど部分的に貼ることも可能です。
いずれの場合も車種によって料金が違ってきます。
軽自動車が一番安く、セダン・ワゴン・ミニバンの順に高くなっていくんです。
金額体系においてのランクは主に体積で決まりますが、ボディの形状・施行難易度でも変わってきます。
国産車と輸入車では、外車の方が高額です。
またプロテクションフィルムのカットはデータに基づいてパーツ別に行われるため、登録のない車種は割高な金額設定です。
必ず自分の車がどこに分類されているかを会社のホームページで確認しておきましょう。

プロテクションフィルムは愛車の保護に理想的なアイテム

プロテクションフィルムは愛車の保護に理想的なアイテム プロテクションフィルムは伸縮性の高い特殊フィルムで、愛車を長時間保護してくれる新しいボディプロテクトのスタイルです。
車を日常的に運転していれば必ず起こる細かな飛び石や泥はね、虫の衝突などは塗装を傷めてしまう原因であり、コーティングやワックスでは車体を綺麗に見せることはできますが、傷そのものを防ぐことはできません。
アメリカで開発されたプロテクションフィルムは耐摩耗性・耐候性に優れたポリウレタンフィルムとなっており、このフィルムにアクリル系の粘膜剤を塗布することで高い強度と衝撃吸収性を実現しています。
厚みは150ミクロンとウィンドウフィルムなどと比べても分厚く、さらに柔軟性にも優れていて曲面への施工も可能にしているので、これまで不可能であった複雑な形状のバンパーなどの3次元曲面へも1枚のシートで貼り付けが可能になりました。
車全体をフィルムで覆うことができるため、今までにない高いレベルでの保護が実現できるといえます。