s 車を保護して良い状態を維持|愛車を守る!プロテクションフィルム

車を保護して良い状態を維持

車を保護して良い状態を維持

車を保護して良い状態を維持 道路を走る車は、大切に乗っていても紫外線や擦り傷などにより劣化が進みます。
プロテクションフィルムを利用すれば、車を保護して長く良い状態を保てます。
プロテクションフィルムは車の塗装面やガラスを保護する特殊保護フィルムで、一般的なカーコーティングよりも保護する力が強いです。
特殊な保護フィルムは走行中の擦り傷や飛び石によるダメージから、大切な愛車を守ってくれます。
プロテクションフィルムは、窓ガラスに使うフィルムと塗装面に使うフィルムがあります。
窓ガラス用は、ガラスに異物が当たったときに怪我などのリスクを軽減します。
車の塗装面にプロテクションフィルムを貼れば、車体を擦っても傷になりにくいです。
寿命は使うメーカーによって異なり、普通の使用で半年から3年程度になります。
車に乗る機会が少なくガレージ駐車が多いと、5年以上使えるケースもあります。
耐候性に優れた特殊保護フィルムを使うと、長く美観を保持できます。

プロテクションフィルムは車両のボディを綺麗に保つことに最適です

プロテクションフィルムは車両のボディを綺麗に保つことに最適です 車両用のプロテクションフィルムというものがありますが、普通のラッピングシート同様に、ドライヤーなどで温風を送ることにより、透明のシートは3D曲面にも綺麗に貼ることができ、ボンネットを対象とする際にも1枚で切り目が無い状態で施工することができます。
プロテクションフィルムのメリットは、光沢を十分に保ったフィルムを用いることが前提にあるので、綺麗なボディを長く保つ際には非常に効果的です。
新車で購入した車両を数年後には乗り換えを希望するような方にとっては、施工をしておくと、売却する際にプロテクションフィルムを剥がせば、新車時と同等のボディの綺麗さを発揮できます。
運転中に受けてしまう砂埃や飛来物による傷も付きにくい環境を作り出し、野ざらし駐車を行っていてもフィルムの効果でボディに雨染みなどが直接に付着することも無くなります。
何度も洗車を行っても施工箇所に対しては磨き傷も一切付かない状態でボディを保護できるので、自動車の価値を下げずに済ませられる魅力もあります。